学校のこと

高校の部活は先輩に好かれようとするな!【気にせず頑張れば良い】

 

ヤギヨシ
ヤギヨシ
・高校の部活は先輩が第一優先なのかな。

・高校は部活の先輩に本音を言ってはいけないのかな。

・高校の部活は先輩に注意された後の行動が大事なのかな。

 

と、疑問をお持ちの方の悩みを解決できる記事になっています。

 

ヤギヨシ
ヤギヨシ
こんにちは、現役高校生のヤギヨシ(@yagi_0220)です!

 

ここで解説する『高校の部活は先輩に好かれようとするな!』を読んでいただければ、高校の部活は先輩に好かれようとしなくてもいいんだなと感じることができます。

 

なぜならば、僕自身が先輩に好かれようとしなくても先輩達は可愛がってくれたり仲良くしてもらえたからです。

 

この記事を読んで分かることは、以下の3つになります。

・高校の部活は先輩が第一優先ではない理由

・高校は部活の先輩にも本音を言えば良い理由

・高校の部活は先輩に注意された後の行動が大事な理由

 

ヤギヨシ
ヤギヨシ
3.4分で読める内容になっていますので、ぜひ最後までご覧ください。

高校の部活は先輩が第一優先ではない

よく高校の部活は、先輩が怖いとか気難しいとか思われがちですが、そんなことではありません。

 

そして、中学校の時によく先輩には気を使えみたいな教えを周りからされたと思います。

 

ですが、それは中学校までで大丈夫です。

 

ここでは、以下の2点についてお話しします。

・先輩はあまり気にしていない

・部活を頑張れば良い

 

先輩はあまり気にしていない

 

正直、気をつかわなくても部活の先輩はほとんど気にしていません。

 

中には、俺に早くお茶持ってこいとか言ってくる人はいますがそんな奴は無視して大丈夫です。

 

それよりも、自分のありのままを出してその自分を好きになってくれる先輩と絡んだほうが良いですよ。

 

また、猫をかぶってこの先輩と仲良くなろうとか思うと逆効果になり好かれるどころか嫌われてしまいます。

 

ですので、気をつかってまで先輩と絡むのはやめましょうただ自分が疲れるだけですので…

 

部活を頑張れば良い

 

先輩に好かれたいからと意識していても、どうにもなりません。

 

高校の部活の先輩が好きになる後輩というのは、練習を真面目に誰よりも頑張ってる奴を好きになります。

 

ですので、先輩をずっと気にして練習ができないのであれば先輩なんて気にせず前だけ向いて練習するべきです。

 

結論、先輩なんて気にせずまずは練習を真面目にすればいいということになります。

 

これを聞いてどうせ下手くそは練習を真面目にしても先輩なんて相手にしてくれないと思うのであれば、それは練習がまだ足りません。

 

自分が、これだけ練習してるのにとか思っているうちは先輩に好かれませんが、今よりももっと練習をすることをすれば先輩は勝手に好きになってくれます。

 

部活は楽しみつつ真面目に練習をしましょう!

 

参考:【事実】高校の部活は楽しいの?【1年間頑張れば答えは見えて来る】

高校は部活の先輩にも本音を言えばいい

高校は部活の先輩にも本音を言える人が周りから信頼されますし、先輩からも好きになってもらえます。

 

なぜなのかというと、ウジウジして何も自分の気持ちを言えない人ばかりだと、部活全体が成長しないからです。

 

ですので、『自分はこう思っています』などと自分の本音を言える人がいれば、部活全体の雰囲気も出ますし絆も深まります。

 

ここでは、以下2点についてお話しします。

・分からないことは分からないと言おう

・嫌なことは嫌と言えば良い

 

分からないことは分からないと言おう

 

高校の部活だと中学校の時と違って先生や先輩から一つ一つの説明は言ってくれず自分で考えないといけません。

 

ですので、時にはわからないことが部活をやっているうちにドンドン出てきます。

 

その時には、わからないまま行動するのではなく一度先輩に聞いて行動をするべきです。

 

しかしこれは、何度も同じような質問をしてはいけません。

 

一度質問して聞いたのであれば、同じ質問をしないようメモなど残しておきましょう!

 

嫌なことは嫌と言えばいい

 

高校の部活では、よく先輩の圧力に負けてやりたくもないのに買い出しに無理やり行かされるなど嫌な事をさせられる事があります。

 

これは、本人が嫌と言えばいい話ですがほとんどの人が後から何かされるからと嫌とは言えずに買いに行ってしまうんです。

 

このようにならないためには、初めから『それは嫌です。』と断れば先輩から舐められたりはしません。

 

しかし、自分にとって大切な事を先輩から教えてもらっているのに『それは嫌です。』などと言ってはダメです。

 

ですので、嫌な事をされたり嫌な事をさせられるのであればそれはハッキリと『嫌だからしません。』と断ってください。

高校の部活は先輩に注意された後の行動が大事

高校の部活では、先輩がたくさんの事を注意してくれます。

 

よくこれを、嫌だなと思う方もいると思いますが、これは逆にラッキーと思った方がいいです。

 

なぜなのかと言うと、先輩の意見は色々と自分の知らないことを学べるので、これも上記と同じくメモにしておくとかなり勉強になります。

 

ここでは、以下の1点についてお話しします。

・先輩の意見から色々と学ぶ

 

先輩の意見から色々と学ぶ

 

高校の部活では、先輩の意見はかなり大事です。

 

例えば、野球だと『相手のピッチャーはこのような投げ方だからお前のスイングだと当たらないぞ』のように教えてくれます。

 

これを、聞かずに挑んでもヒットは出ると思いますが、先輩たちは何回もその選手と当たって癖などを知っていますので、必ず聞くべきです。

 

しかし、すべての情報を鵜呑みにするのではなく、『へぇーそれだったらこのようにしよう』といった工夫をしてみた方がいいと思います。

 

先輩の話は、7割聞いて自分なりの考え3割とすれば成果は必ず出るはずです。

 

ですので、先輩から注意されてもそれを全否定するのではなく少しは素直に聞くことを意識すると全然違います。

 

ヤギヨシ
ヤギヨシ
僕も、先輩に注意されたことは『はい』と素直に返事して自分なりにアレンジをしていました!

まとめ:部活の先輩に好かれても意味がない

ここまで色々とお話ししてきましたが、まとめると『部活の先輩に好かれても意味がない』ということです。

 

なんだよそれは、と思った方もいると思いますが正直部活の先輩に好かれてもなんの特権もありません。

 

確かに、部活が楽しくなるというのはあると思いますがそれぐらいです。

 

ですので、わざわざ気を使ってまで部活の先輩に好かれようとするのではなく自然でありのままでいきましょう!

 

それが一番楽ですしなんせ楽しく部活ができます。

 

ヤギヨシ
ヤギヨシ
僕は、部活を退部した人間ですのでもし部活が苦しいや行きたくなと思った時は以下のサイト参考にしてみてください。参考:高校は部活に入っていないと友達ができない?【帰宅部でも大丈夫】

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です