学校のこと

【学生必見】授業をサボる際の言い訳3選!【賢くサボろう】

 

困った人
困った人
・授業をサボる時の言い訳ってどんなものがあるのかな!?

・授業をサボるのはダメじゃないんですか!?

・学校をサボりすぎるとサボり癖になるのでしょうか!?

 

と、疑問をお持ちの方の悩みを解決できる記事になっています。

 

コホン
コホン
こんにちは!どうもヤギヨシ(@yagi_0220)です!

 

ここで解説する『授業をサボる際の言い訳3選!』を読んでいただければ、これから授業をサボるのは簡単かつ容易にできるようになります。

なぜならば、僕自身が保健室や学校をサボりにサボって欠席日数が高校3年生だけで38日になっているからです。

ですので、学校をサボりたい授業をサボりたいと思っている方に僕の意見やこれならサボっても大丈夫だよという基準を書いていますので是非最後までご覧ください。

 

✔本記事の内容

・授業をサボる際の言い訳

・授業をサボるのはダメじゃない

・サボり癖になるのはダメ

 

コホン
コホン
3,4分で読める内容になっていますので、ぜひ最後までご覧ください!

 

授業をサボる際の言い訳3選

この記事を読んでいただいているということは、あなたも僕と同じく授業をさぼりたいと思っているはずです。

 

しかし、授業をサボりたいけどサボる際の言い訳の仕方がわからないよという方が多いと思います。

 

ですので、その言い訳の仕方を僕が小学校・中学校・高校で計12年間生活した上で一番効果のあった言い訳を共有していきます。

 

以下3点です。

1,体調が悪い

2,お腹が痛い

3,頭が痛い

 

コホン
コホン
悪いや痛いばかりですが、やはりこの方法が一番効果あるのでオススメです。

 

1,体調が悪い

学生が授業をさぼりたいと思う時に必ず頭に浮かぶのは、体調不良だと嘘をつく事ではないでしょうか。

 

これは、みんながみんな頭に浮かぶ言い訳ですがかなり効果があるのは間違いありません。

 

生徒が体調悪いというと、先生側は止めるわけにはいかないので必ずサボることができます。

 

ですが、やりすぎると先生に嘘とバレてしまい成績が下がるということになり兼ねません。

 

なので、授業をサボるのは上手くやっていかないと成績が下がるのでやりすぎにはご注意ください。

 

2,お腹が痛い

先ほどは体調が悪いといえばいいと言いましたが、その中でも具体化していったほうが信憑性が高まります。

 

例えば、あそこに友達がいるっていうのとあそこに誰々がいると名前を言ったほうがわかりやすいじゃないですか!?

 

それと同じで先生も体調不良だけだと本当か?と疑いますが、具体化してお腹が痛いというだけで進んでトイレに行ってきなさいと勧めてくれます。

 

ですので、お腹が痛いというとサボりやすく生理的現象で仕方ないため先生も止めることはなかなかできません。

 

お腹が痛い一点張りだと怪しいので下記で説明する「頭が痛い」を混ぜながら使ってみてください。

 

3,頭が痛い

上記でお話ししてきたのとここで説明する内容はほとんど同じですが、一つだけ違うことがあります。

 

それは、頭が痛いということはかなりの重体感が出るということです。

 

今までは、体調不良やお腹が痛いなどと誰しもがなりそうなことですが、頭が痛いというと少し心配になりますよね。

 

先生に頭が痛いというと、大丈夫か?と聞きながら保健室に行って寝てなさいと勧めてくれます。

 

これで1~2時間は休ましてくれるので、晴れてサボることができますよ!

 

参考:【学生必見】僕が不登校から卒業までたどり着けた道のりを全て話す!

 

コホン
コホン
ここまで授業をサボるために嘘をつけばサボれるよと言っているみたいですがあくまでそうではありません。サボることや嘘をつくことはただしんどいからと言ってサボるのはダメです。でも学校や授業がストレスならサボることはオススメします。

授業をサボるのはダメじゃない

よく親や周りの大人から言われるのは、「授業をサボるのは絶対にいけないことだ」とかですよね。

 

確かに授業をサボることは良いとは言えません。

 

しかし、ストレスなどが溜まって嫌々で行ってしまうと鬱になってしまったり精神病になってしまいます。

 

その場合、単位が取れるようであれば学校自体をサボりましょう!

 

以下、2点についてお話ししていきます。

・ストレスが溜まるならサボれば良い

・単位が取れるなら大丈夫

 

ストレスが溜まるならサボれば良い

学校や授業に行く上で一番大切なのは、楽しくストレスなくできるということです。

 

なぜかというと、嫌々で授業を受けたところで頭に入るどころか体自体に負担をかけます。

 

これを聞いてよく思うのは、みんな嫌々でやってるんじゃないかということです。

 

しかし、嫌々と言っても休み時間に友達と話せてり大好きな部活ができている人は全然大丈夫なんですよ。

 

一番やばいのは、自分の居場所全てが嫌々になってしまうということです。

 

僕自身は中学校の時にこのような状態に陥りました。

 

それでよくわかるのは、嫌々で授業を受けてそれがストレスだと感じたのであれば1,2日はサボったら治るということです。

 

ですので、どれだけ周りからサボるのはダメだと言われても無理してサボりましょう!

 

しかし、いくつか注意しなければいけないことがあるので注意することを以下でお話ししていきます。

 

単位が取れるのであれば大丈夫

授業をサボる上で一番気にしないといけないのが、授業単位がしっかりと取れているかということです。

 

これを気にせずに、授業をサボってばかりいると完全に高校では留年という形になります。

 

僕自身も、欠席日数が39日でして後1日休んでいたら単位が取れない授業がありました。

 

それぐらい、単位はかなり大切なものですのでストレスが溜まっていない時に無駄に授業や学校をサボるのはやめておきましょう!

 

コホン
コホン
単位が取れるか取れないのかは学校の先生や担任の先生に聞いておくと余裕を持って生活することができますよ!

サボり癖がつくのは絶対ダメ

上記では、ストレスが溜まっていたり授業単位が取れるのであれば授業はサボってもいいと言ってきました。

 

しかし、サボるのが癖になるのは絶対にダメです。

 

なぜサボり癖がつくといけないのかその理由を以下でお話ししていきます。

 

以下2点についてお話しします。

・サボるのが当たり前になる

・学校に行くのが怖くなる

 

サボるのが当たり前になる

サボり癖がつくといけない理由の一つは、サボるのが当たり前になるということです。

 

サボるのが当たり前になると、ストレスが溜まっていなくても嫌だから面倒くさいといった理由だけで休むようになります。

 

そうなってしまうとさらに小さなことでもストレスと感じるようになり負の悪循環になってしまいます。

 

ですので、定期的にサボることはいいと思いますがサボるのが当たり前にならないようにしましょう!

 

学校に行くのが怖くなる

サボり癖がつくといけない理由のもう一つは、サボりすぎために学校に行くのが怖くなるということです。

 

これはどう言ったことかというと、学校になかなか入ってないために友達との接し方を忘れたり先生とのやりとり一つ一つが怖くなります。

 

そんなことないだろと思うかもしレませんが、実勢に経験するとかなり怖いです。

 

それでも、また何日か行くことで元には戻りますが、元に戻らなければずっと学校に行けないことになります。

 

ですので、サボりすぎには気をつけて賢く授業をサボるようにしましょう!

 

コホン
コホン
僕自身上記のようになってしまったので最善まで回復するには時間がかかりました。僕は授業を1週間ほどサボった経験もありますので、ぜひこれを読んでいる方はそのような事を経験しないようにしてくださいね!!

まとめ:授業をサボるために言い訳をするのはダメ

ここまで色々とお話ししてきましたが、結論『授業をサボるために言い訳をするのはダメ』ということです。

 

上記では、サボるための言い訳の仕方をお話ししてきたのでそれは矛盾してるだろと思われると思いますが、正直に言うとサボるのはやめておきましょう!

 

やはり自分がサボることによって先生や親周りの方達に心配を無駄にかけさせてしまいます。

 

ですので、本当にしんどい時や嫌な時は正式に学校を休みましょう!

 

部活関係でもそのような状態に陥ることがありますので、そのような時は下記の記事を参考にしてください!!

 

 

コホン
コホン
ストレスなどは溜め込まず、逃げる時は逃げてうまく避けながら生活していきましょう!うまく授業をサボることが大切です!!

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です