テスト・試験

テストと試験の違いをどこよりもわかりやすく解説します!!

 

困った人
困った人
テストと試験という言葉があるけど意味って一緒じゃないですか。テストという言葉はよく聞くけど試験という言葉は堅苦しくてあまり聞かないんですけどどんなところで使うんですか。

 

 

このような疑問を解決していきます。

 

 

こんにちは。

 

どうも、ヤギヨシ(@yagi_0220)です!

 

 

テストと試験は一見すると似ている言葉ですが、実は改めて考えてみると微妙な違いが存在します。

 

前者は後者に含まれるもので、何かを調べる目的で行なわれますが、後者ほど大規模ではなくやや控えめです。

 

また、特別な機会という印象よりも、日常の延長線上にある確認の意味合いが強いといえます。

 

例えば抜き打ちや小テストなどがそれで、いずれも試験という重さや緊張感を感じさせる言葉とは違うことがわかります。

 

逆に後者は、性能という言葉が付いたり検査の意味合いが強くなるので、より厳しい印象が浮かび上がります。

 

不合格だと先に進めない、そんな厳しさがありますから、やり直しが許されない感じがするでしょう。

 

 

ヤギヨシ
ヤギヨシ
この件に関しては難しいのでできるだけわかりやすく具体的に解説していきます。テストと試験の違いをここで知って学校でみんなに教えてあげましょう!

 

 

☆テストで順位を良くする方法

高校のテストでクラス最下位からクラス1位になった経緯を全て語る。こんにちワンコ。 テストでずっと最下位だった (@yagi_0220)です。。。 本当バカなんですよね...

 

テストの意味(試験との違い)

 

テストは、学校だと生徒が何処まで授業の内容を理解しているか、それを確認する目的で行なわれます。

 

生徒は、結果を受けて補習が命じられたりしますが、たった1度の結果で先に進めなくなることは稀です。

 

一方で、試験の方は入学や資格に採用など、よりハードルが高い印象が強くなっています。

 

2つの言葉にある違いはまさにこれで、後者の方は失敗が許されない緊張感を有します。

 

勿論、失敗しても人生が終わりというわけではなく、また次の年に受験ができることも少なくないです。

 

やり直しのチャンスはゼロではありませんが、それは受験の内容次第ですし、条件が厳しい場合は1回限りもあり得ます。

 

このように、2つの言葉が使われている状況をイメージすると、微妙なニュアンスの違いや差が見えてきます。

 

しかし、英語と日本語ではそれぞれで同じ意味合いになりますから、わかるようでわかりにくいのも事実です。

 

仮に前者の言葉を使っても、本当は後者の意味合いが強めということもあるので、言葉のイメージのみで解釈してしまうのは早計です。

 

実際に試される場面に遭遇して思い込みで間違っていれば、油断により取り返しが付かなくなることがあるので、2つの内いずれかの言葉を目にしたら意味を確認しましょう。

 

軽い能力チェック程度の意味なら緊張感は不要ですし、改善の為の機会だと思えば気持ちが楽になります。

 

反対に、結果次第で不採用になるようなことがわかったら、緊張感を持って臨むことをおすすめします。

 

ただ、大抵の場合は事前に準備期間が設けられるので、本番に向けて対策を立てることができます。

 

抜き打ちなら対策のしようがありませんが、本気を試す目的で行なわれるとしたら、必ず準備の猶予が与えられます。

 

人に課せられるテストは、知識や記憶の程度を調べる為に行なわれたり、学校であれば学力を評価する目的に実施されるものです。

 

結果によって補習が課せられたり、評価が下って次の授業などに影響を与えます。

 

これが企業だと、業務に必要な技術力を有しているか否か、その判断の為に行なわれる傾向です。

 

企業では学校のような補習よりも、研修という名前で改めて知識や技術を磨く指導の場が提供されたりします。

 

ヤギヨシ
ヤギヨシ
テストは上記のように試験という言葉よりは軽い感じの意味あいなんだなと言うことがわかると思います。

 

試験の意味(テストとの違い)

 

試験という言い方をする時は、学校では入学資格を取得する目的や、卒業資格を得る意味でこの言葉を用いるものです。

 

挑戦の機会が1回ならそれっきり、もう1度あるなら勉強をやり直して再挑戦ができます。

 

用法は微妙ではありますが、間違いなく使い方に差が存在しますから、ニュアンスに目を向けて差を汲み取ってみましょう。

 

ものに対して用いるケースでは、意味の違いが大きくなったりニュアンスが更に変化します。

 

製品の安全性や耐久性の確認でテストという場合は、結果によって発売延期や作り直しに影響するので、より厳格な試験の意味合いが強くなります。

 

消費者の安全や製品の質に関わるものなので、人に対して使うのとはまた違う、こういった言葉の使われ方がされているのだと思われます。

 

別の表現をするなら、前者の言葉が後者に近付いた結果、差が縮まって意味がほぼ同じになったと結論付けられます。

 

元々は同じ意味を持つ英語と日本語で、ニュアンスの差はあれど殆ど同じだったといえるでしょう。

 

日本において、外国語はローカライズされ本来とは少しずつ異なる意味に置き換わったりするので、これらの言葉の変化もその一環だと考えられます。

 

自動車の分野では、ドライバーの安全性の評価や検証目的として、衝突試験というものが実施されます。

 

英語ではクラッシュテストと呼びますし、日本でもこの場合は前者と後者の言葉が同じ意味で使われるので、微妙なニュアンスは薄まり差が縮まっています。

 

つまり人に評価の機会が課せられる時と、製品の良し悪しが検査される場合では、言葉の違いの距離が広がったり縮まるわけです。

 

 

ヤギヨシ
ヤギヨシ
試験についてなんとなくわかっていただけたかと思います。テストと比べるとやはり試験の方が重たく感じますよね…

 

まとめ

 

こればかりは、様々な場面で用法を覚えたり、どういった意味で使われているのか考えながら、場面に合わせて言葉を選び使用する必要があります。

 

そうすることで理解が深まったり、相手に誤解を与えない、より正確なニュアンスで言葉を用いることができるようになるはずです。

 

 

場面や使う対象によって意味やニュアンスが変わるので、難しいといえばそうですが、元は同じ意味の言葉ですから、日本語的な使用において差があれど微妙なのは当然です。

 

 

ヤギヨシ
ヤギヨシ
テストと試験と言う言葉はほぼ同じような内容ですが、微妙に違うところがあります。この記事で少しでもわかっていただけていたら幸いです。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

関連記事↓

☆中学校と高校のテストの違い

【事実】高校のテストは今までのテストと何が違うのか現高校生が全て話します。 こんにち和。 どうも、ヤギヨシ(@yagi_0220)です! こうい...

 

☆テストの赤点について

高校で初めて出会う赤点について現高校生の実体験を含め説明する。こんにち和! どうも、(@yagi_0220)です!! 今までの学校生活で無かった「赤点」が分からない。 ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です